お客さんに感謝される販売員が必ずしている大切なこと

あなたがまた行きたいと思えるお店はどんなお店でしょうか?

品揃いが素敵なのか、お店がオシャレなのか、答えはノーです。

どんな良い商品で素敵な店であっても販売する店員さんが
素敵でないと買いたいとは思いません。

商品の話ばかりして「売りたい」が強い店員さんと、
商品の話も豊富だけれども日常の会話もしながら
商品がどうお役に立つのかを言ってくれる店員さんでは、
買いたいと思う店員さんは一目瞭然です。

どんな店員さんから商品を買いたいと思うか、
お客様目線で考えてみますと、
やはり、笑顔が素敵な店員さんは接客されて心地よいです。
しかも、もちろん作り笑顔でなく自然で素敵な笑顔です。

きっとその店員さんは接客をする際、
販売をする際に大切にしている基本ができているでしょう。

例えば、お客様に喜んでもらえることを
一緒に考えて提案することであったり、
販売員特有のノルマはあったとしても頭から外して
お客様にぴったりの商品を一緒に考えることであったりなど、
常にお客様の立場にたたれているからこそ、
接客が素敵だという印象を与えるのだと思います。

もちろん接客力だけではなく、商品の知識もとても大切なことです。

お客様から商品のことを聞かれても全く答えられない店員さんより、
知識が豊富でより商品の価値を素敵にさせる力がある店員さんだと、
またいろいろ聞きたいとか、また相談しようとリピートのもつながります。
接客において大切なことは、
お客様の立場に立つことと笑顔と知識は外せないポイントと言えます。

海外で就職するのに必要なメンタルと英語力

海外での仕事

メンタルと英語力を兼ね備えた人材は、
海外に就職してから仕事にのみ集中できるようになります。
どちらが疎かになっていても、
海外で就職したら多大なストレスを感じてしまうことになりかねません。

海外で就職した人に備わっていなければならないのは、
何が起こっても当然のことであると受け止められるメンタルです。

水道の蛇口から出てくる水をそのまま飲むと体調を崩してしまいますし、
夜間に一人だけで外出を楽しむこともままなりません。

しかしながら、この特徴は海外に特有のものです。

海外の文化や風土に溶けこむように努められるメンタルを持っていると、
不測の事態が起こった際にも動揺することなく仕事に集中できるというわけです。

英語力も重要ではあるものの、
磨きをかける際にはゴールを定めておくことが重要です。

語学の勉強には終わりがありませんから、
仕事で言葉の壁を感じない最低限度の英語力を身に付けるようにします。

海外に赴任する駐在員が暗記しておくべき英単語は8千個程度なので、
これを目標にすると勉強の不足やし過ぎが発生しにくいです。

また、高校卒業程度の文法力も身に付けておくことが求められます。
自身の意思を稚拙ながらも伝えられるようにすれば、
就職先で仕事仲間とコミュニケーションを取ることが可能になります。

メンタルも英語も数日間だけでは身に付かないので、
日ごろから何事にも動じない精神力を養ったり
語学の勉強に勤しむことに徹しなければなりません。

地方への就職のメリットとデメリット

新卒でも中途でも東京を離れて出身地である地方へ
就職するにはそれなりのメリットとデメリットが存在します。

地方で就職する場合、それが出身地で営業職であれば、
学校時代の人脈や親兄弟親戚の人脈等を活用して実績をあげることができます。

また、転勤者と違って土地勘や生い立ちなど共通の話題が
すでにあるので営業職でなくても職場に比較的早く溶け込めることができます。

出身地でなくても、地方は都会のように極端に仕事に追われることもなく、
ワークライフバランスを重視した調和のとれた生活を楽しむことが可能です。

例えば、札幌の場合、冬は「寒い、辛い」というイメージがありますが、
仕事帰りのビジネスパーソンがアフター5に
近隣のスキー場でスキーを楽しむことも珍しくありませんので
ウインタースポーツが好きな人にはもってこいの就職先エリアです。

また、スポーツ好きでなくても新鮮な野菜や肉類、魚介類を安く購入できたり、
料理をリーズナブルな価格で購入することも可能です。

しかしながら良いことだけではありません。

地方で就職すると、東京や大阪本社の会社以外は相対的に
大都市エリアと比較して賃金は安くなります。
これはエリアの物価水準に比例するからです。

また、出身地出ない場合、場所によっては、県民性が保守的で
「よそ者をなかなか受け入れない」ところもあります。

こうなると単身者はいいのですが、
家族も一緒の場合はその土地に慣れるのに相当の時間と気苦労が伴うことになるのです。

就職で後悔しないために知っておくべき5つのこと

就職活動をする際には、求人情報に記載している内容を参考に就職先を選ぶことが多いものです。
しかし、その内容の意味をしっかりと理解しておかないと、
実際に就職してから後悔することになってしまうので、注意が必要です。
特に、次に示す5つは間違えやすいのでよく理解しておくことが大切です。

一つ目は、週休2日と完全週休2日という記載の違いです。
週休2日とは、1年を通して月に1回以上2日間休める週があるという意味で、
毎週2日間休みという意味ではありません。
完全週休2日は毎週2日休めるという意味ですが、祝日を土日に挟んだ場合には、
その3日間が全て休みになるということではないのです。

二つ目は、昇給ありという表現です。
これは、その会社に昇給制度があるかどうかというだけであり、
必ず昇給できるという保証は有りません。

三つ目は、賞与ありという記載がある場合です。
これも制度として有るだけで必ず全員が賞与がもらえるわけではありません。

四つ目は、給与の表示についてです。
良く、年収500万円~というような記載がありますが、
これはその年収を実際にもらっている人が会社に1人でも存在するのであれば記載して
良いということになっているので、
実際にはこれよりも低いことが多いので注意が必要です。

五つ目は、未経験歓迎についてです。

この場合未経験者でも待遇が良い印象を受けますが、
実際には経験が無い為給与は安いことが多いものです。

また、未経験歓迎である場合の背景として、
なかなか経験者を集めることができない、
若しくは採用してもすぐ辞めてしまうといった可能性があることが考えられます。

このような場合、職場環境や仕事内容に問題が有る場合もあるので注意が必要です。

就職は自分の進路を決める重要なものです。志望動機を明確にすることはもちろんですが、
この5つの事にも注意して、より良い職場を選ぶことが重要です。

しかし、どんなに注意深くしても、
実際に就職してみれば、想像と全然違うということも多々あります。

そこで、おすすめなのが、転職エージェントです。
転職エージェントは、かなり企業の情報をもっていて、
大体この企業のどういった事なのか把握しております。

もちろん、無料で就職をサポートしてくれますので、
あなたが負担することは何もありません。

しかも、企業とのやとりや書類なども
全部用意してくれるので、
面倒な手間も省けます。

採用の流れを書いてあるサイトがありますので、
興味があれば検討するのも良いかも知れません。
http://www.tenshokuagent.org/touroku-saiyo.html

その会社、本当に就職しても大丈夫?優良企業の見極め方

就職、転職にあたって、どの会社を選び方、
本当にその会社でよいのか。はっきりいえば、
入ってみるまでそれはわかりません。

なぜなら大企業であれば部署によって環境はかなり違ってきますし、
小さい会社であれば上の人の方針でも大きくかわるからです。

また、その人の適正によっても、優良企業の受け取り方は大きく異なってきます。

じゃあ、就職にあたって優良企業の選び方は、
方法は全くないのかというとそうでもありません。
やはり最低限の調査はしておきたいものです。

まず自分にとっての優良企業とは、会社に求めるものを整理してみましょう。
あなたは何を会社に求めますか?人によっては福利厚生であったり、
休暇日数であったり、給料であったり。
どうですか?。

ただ、ここで言わせていただく優良企業とは
そのような文字や数字で見えるところではなく、
内部環境のことを言いますのでその調査方法について書かせていただこうと思います。

目安1:女性社員の数
あくまで男性が主体の会社での話になりますが、
女性社員の割合が一定以上高い会社は福利厚生が高めです。
女性社員には男性より福利厚生を必要とする機会が多いからです。

目安2:離職率
離職率が多い会社は特に注意。その理由が必ずあります。

目安3:ネットで会社名を入れて検索
ネットで志望企業の名前を入力して検索してみましょう。
あまり良いワード(ブラック、リストラ、パワハラ、セクハラ等)が
たくさん出てくるところはその手の書き込みが多いということです。

最後にこれだけは書かせていただきますが、
他人からみて違っても自分にとっては居心地の良い会社というのが普通です。
これは会社はやはり人間関係にあるからです。
人付き合いが苦手であっても、はじめは謙虚に、
そしてなんでもよいので1つだけでも人より得手とするものをみつけることが
その会社で自分の場所を確保するのに最良の道だと考えます。

以上

初めての就職面接を成功に導く5つのポイント

初めての就職活動では経験の少なさから、
面接でも本領発揮出来ずに良い結果が出せなかったという場面も出てきます。
そこで就職面接を成功させるために、
5つのポイントをまとめたので就職活動に活かすことが出来るでしょう。

不慣れな場面でもその場で考えるのではなく、
要点を押さえておけば当日の面接もスムーズに行えます。

まずは応募動機を明確にすることです。
学生時代からの就職活動となると可能性のある企業には
すべて応募出来る時間の余裕もあるでしょうが、
少なくともその中から自分が働いてみたい業種は決まっていて、
志望動機もはっきりとしたものがあるはずです。

実際に質問としてよく聞かれる内容には志望動機があるので、
この会社に応募する動機は明確に話せるようにします。

2つ目は質問に対しては結論から答えるということが重要です。
言葉巧みに長い説明が出来ることが必ずしも優秀であるとは限りません。
簡潔で話したい内容の要点が正確に伝わることが質問としては重要なので、
端的に回答するスタンスが良いでしょう。

3つ目は自分の特技や学校で学んでことを述べるには、
具体例を挙げて説明することであり、
今までどのようなことを頑張ってきたかをアピール出来ることで、
自身のアピールが出来ると考えられます。
理屈で話すより要点や具体例を話すことが重要となるわけです。

4つ目は入社した時のことを考えて、
その会社にどのような貢献をするかが話せることです。
面接前には少なくともその会社のことについて調べておきましょう。

5つ目はある程度は質問内容を想定して回答出来る準備を行うことで、
何も準備しないと当日の質問に考え込むことも起こるので、
ある程度は質問されそうな内容を自分の中で想定して回答出来る準備が必要になります。